病気の解説

2012.06.20

うつ病について――( その2 )

 -うつ病と慢性疲労症候群の関係-  うつ病と慢性疲労症候群について、うつ病――(その1)、では、同じ病気を、精神・神経の面から捉えた病態がうつ病で、身体の側面で捉えた病態が慢性疲労症候群だ>>続きを読む

2012.05.01

うつ病について――( その1 )

最近立て続けにうつ病の患者さんが来院され、何年も薬を服用しているが、どんどん悪くなってきて、色々な他の症状が出てきており、このままでは病気が治らないように思え、何とかしてほしい、という事でした。 近年>>続きを読む
  • コメント(2
  • 21:51  

2012.02.27

子供たちの慢性疲労症候群ーその3

(その2)では、当院での漢方治療症例を取り上げて、比較的短期間で治癒にいたったことを述べた。 次にここでは、この慢性疲労症候群に罹患し、いろいろな病院を受診するも当院受診まで誤診され続けた症例で、この>>続きを読む

2012.02.19

子供たちの慢性疲労症候群ーその2

子供の慢性疲労症候群―子供の登校拒否の原因の一つ 子供たちの慢性疲労症候群(その2)(その1)で子どもの慢性疲労症候群が、登校拒否児や虚弱児という事で捉えられており、体に異常が簡単には見つか>>続きを読む

2012.02.16

子供たちの慢性疲労症候群ーその1

慢性疲労症候群―子供の登校拒否の原因の一つ 子供たちの慢性疲労症候群(その1) 以下の文章は、ずいぶん以前に(20年も前!) 1992年 季刊「教育法」 秋という雑誌に投稿した文章>>続きを読む

2011.08.06

病気の正しい治し方について-その4

 今回は、アトピー性皮膚炎に対して、免疫抑制剤であるプロトピック軟膏を使うことが、正しい治療法ではなく、誤った治療法であると私が考えていることを、お話ししましょう。 一般に、免疫抑制剤と分類されている>>続きを読む

2011.07.01

病気の正しい治し方について-その3

 前回は、「アトピー性皮膚炎」を例にして、この治療で抗ヒスタミン剤は、あくまで対処療法の薬であり、アレルギーを起こさせないような根治を目指す薬ではないことを、お話ししました。アレルギーの出発点である、>>続きを読む
  • コメント(2
  • 05:24  

2011.06.30

病気の正しい治し方について-その2

   前回では、病気の症状が取れても余邪が残っているので、これを取り除く必要があり、故人はこれを「病気の養生」と捉えていたことを、お話ししました。次の問題は、疾病概念にかかわること>>続きを読む

2011.06.02

病気の正しい治し方について-その1

 病気の正しい治し方なんて、おかしいと感じられるかもしれません。治ればそれは正しい治療をしたことになると、お考えになるかもしれません。しかしそれは違うのです。科学が発達して、適当に治療するこ>>続きを読む
  • コメント(2
  • 07:50  

2011.03.19

糖尿病のお話ー1

最近の糖尿病のお話( 1 ) まず最初の重要な点は、「なぜ糖尿病(Ⅱ型糖尿病)が発生するのか?」という点です。簡単に言えば、カロリーの過剰摂取で、そのためにインシュリンを産生する膵臓のベータ細胞が疲弊>>続きを読む
1  2

ページの最上部へ戻る