雑談

2013.03.01

お医者さんは、病気のすべてを知っているのか?

先日紹介である患者さんが、来院されました。その患者さんは、小学生で、朝起きても体がだるくて、元気が出なくて、頭がボーッとして、起きるとふらふらするという症状でした。医者の立場からは、自律神経失調症状で>>続きを読む
  • コメント(1
  • 08:23  

2012.11.13

本の紹介 「下流志向」内田 樹(たつる)著  講談社文庫

著者は、神戸の女子大の先生をしながら、街の道場で武道を教えるという、ユニークな活動をされています。(現在は、大学は退職されているそうです。)その経験を踏まえて、現代の若者に発生している非常に奇妙な傾向>>続きを読む

2012.09.08

寿命の話 (番外編 ) ー 医者にかかるのも寿命の内

生物学的に、人の寿命を考えてきましたが、社会の中で寿命を決定する要因は、他にもありそうです。例えば、医療制度。アフリカなどの国々では、考えられないぐらい医療制度が未発達で、爲に小児の死亡率が高いことな>>続きを読む

2012.03.20

「羹(あつもの)に懲(こ)りて、膾(なます)を吹く」―テオフィリン製剤が陥められた陰謀―

「羹(あつもの)に懲(こ)りて、膾(なます)を吹く」のお話  ――テオフィリン製剤が陥められた陰謀―― 最近受診された患者さんが、処方された喘息のお薬であるテオドールというお薬を飲みたくない>>続きを読む

2011.05.12

「死を考える」-その2(癌)

 先日、私の医院に医者から見放された癌患者が来院され、話を伺うことがありました。 その内容は、次のようなものでした。元来健康で、検診も受けずに、元気に生活してきたが、ある時、胃の具合いが悪くてお医者さ>>続きを読む

2011.02.24

本の紹介ー中野著「死を考える」

本の紹介中野 孝次著 「死を考える」 青春出版社 (絶版?)  著者は、大学教授から作家に転身して、小説、随筆などを沢山書いておられます。「清貧の思想」が、一時期よく読まれましたが、亡くなら>>続きを読む

2011.01.29

老年期の生き方

 老年に入った人々、すなわち、子供が独立し、仕事も定年を迎え、あとは年金で生活してゆくことができるようになった、という境遇の人たちは、心構えとしてはどう生きてゆけばよいのでしょうか? 結論を先に言わせ>>続きを読む
1

ページの最上部へ戻る